進藤・田村法律事務所とは

法人のビジネスに関するご相談から個人のお客様のご相談まで、幅広い分野の対応が可能な総合法律事務所です。

当事務所は,厚木出身の弁護士進藤により,令和元年5月1日,平成から令和への改元と時を同じくして「進藤法律事務所」として開設され,令和2年9月に弁護士田村がパートナーとして加入したことを機に「進藤・田村法律事務所」と改称した法律事務所です。

当事務所代表弁護士の進藤は,東北一の地方都市である仙台市にある法律事務所で2年間、ビジネスの中心である東京で企業法務を中心に取り扱う法律事務所で6年半ほど在籍して執務した経験を持ち,10年を超える弁護士業において,事業に関するご相談(商取引・会社法関係・労働法務・倒産法務など)と事業以外のご相談(労働相談・債務整理・不動産に関する紛争・交通事故・相続関係・離婚・その他の民事事件)を問わず,多種多様な分野の問題や紛争を解決してきた実績がございます。
現在は,複数の中小企業の顧問弁護士を務めるほか,地元の中小企業や個人のお客様からのご依頼を多数受けております。さらには、裁判所からの委嘱を受けて、破産管財人・成年後見人・相続財産管理人等の業務にも従事しております。

また,パートナー弁護士の田村は,弁護士登録以来,当事務所に加入するまでの間,約10年間にわたり,東京に所在する弁護士30人規模の大手法律事務所に所属して,企業・個人を問わず多種多様な案件に取り組んでまいりました。
当事務所に加入後は,東京での豊富な経験を活かしつつ,離婚問題や交通事故不動産案件等を注力分野としております。加えて、裁判所から委嘱される業務にも従事しております。

【本厚木駅徒歩2分】県内・都心からのアクセスがよい事務所です

当事務所は,開業以来,小田急線「本厚木駅」から徒歩2分のビルにオフィスを構えており,厚木・海老名・伊勢原・大和・座間・綾瀬・愛川町・清川村などの神奈川県の県央部はもちろん、交通アクセスの良さを活かし,横浜・川崎・相模原・小田原・湘南地域等などの神奈川県全域及び東京も主な活動範囲としております。

主に利用する裁判所は、横浜地家裁(本庁・小田原支部・相模原支部)や県内の簡易裁判所のみならず、東京地方裁判所(本庁・多摩支部)など、県をまたぐこともよくあります。また、最近では裁判所もIT化が進んでおり、裁判期日がWEB会議により行われることも珍しくなくなったため、遠方の裁判所でも対応がしやすくなっています。

弁護士への法律相談お問合せフォームまたはお電話にてご予約下さい。 お問い合わせ

当事務所の法律書籍・判例検索について

当事務所では法律専門書を備えているのみならず、31万件にも及ぶ判例情報を収録したデータベースを利用した判例検索や、インターネット上で2200冊を超える法律書籍や雑誌の利用が可能となっております。

取扱業務

法人・事業者のお客様


会社などの事業に関する活動において発生しうる諸問題についての「予防的な法的サービス」と,事業をめぐる様々な紛争についての「解決に向けた法的サービス」を提供しております。

個人のお客様


財産(不動産売買・賃貸借,お金の貸し借りなど)に関する紛争,交通事故,相続,離婚,債務整理など,暮らしに関わる問題についてのご相談も取り扱っております。

事務所からのお知らせ

  • 2020.9.1
    田村圭弁護士がパートナーとして加入しました。
  • 2020.4.1
    進藤が神奈川県弁護士会弁護士業務改革委員会委員に就任しました。
  • 2020.1.1
    進藤が神奈川県弁護士会県西支部ホームページ運営委員会委員に就任しました。
  • 2019.6.15
    事務所のお披露目会を実施し,たくさんの方々にお越し頂きました。
  • 2019.5.1
    神奈川県厚木市で進藤法律事務所を開設し,営業を開始しました。
  • 2019.5.1
    東京弁護士会から神奈川県弁護士会への登録換え手続きが完了しました。